TOTOのTL486AF型の泡まつキャップをカクダイ泡沫内芯 0792に交換した話

自宅の洗面台(TOTOのTL486AF型)の蛇口部分を掃除しようと思って

先端の吐水口を外して部品をバラしていたら・・・

装着するときに中の泡まつキャップを破損させてしまいました。

このままでも水は出せるのですが水はねしてしまうため部品を購入することにしました。

純正品はあったのですがお高かったので汎用品を買ったのですが無事使えたので記載します( ¨̮ )

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

純正品はTOTO 泡まつキャップ(TL486AF型用) THB54

TL486AF型洗面台の泡まつキャップの純正パーツはこれになります。

(吐水口本体、泡まつキャップ、パッキンの3点セット)

 

 

ただ、この型番用の部品のせいなのか、結構お値段は高めです。

ショップによって差はあるものの、980円(送料別)~1300円(送料別)くらいします。

これなら100%適合することはわかっているけど、お値段が気になりました。

高くね??(-з-)と。

例えば別メーカーの汎用タイプのパーツでもいいのでは?

と思い、サイズが合いそうなものを探してみました。

 

 

汎用パーツの候補はカクダイ 泡沫内芯 0792

いくつか探してみて適合しそうかな?と思ったのがこれです。

 

 

これは泡まつキャップ単品です。

吐水口本体とゴムパッキンは付属しません。

中身だけ取り替えるタイプになります。

その代わりお値段が200円くらい(ショップにより違いあり)ととてもお安いです。

 

 

最初に探したときはこれがヒットしたのですが

 

 

念のためメーカーに適合するか確認をしたところ、

ねじ山が合わないと言われました。

口径は合うのではまるのですがねじ山の高さが微妙に違うため綺麗にはまらないと思います。

中のパーツ(ゴムパッキンと泡まつキャップ)は使えるのではないか?

中のパーツだけ元の吐水口にはめれば使えるのではないか?

と引き続きメーカーに問い合わせたところ、

TL486AF型が古い型番だから適合するかどうか確認することができないという回答でした。

中身だけ入れ替えて使える可能性は高いと思います。

同じTOTO製品を使いたい方は試す価値はあるかも。

 

でもそもそも中のパーツだけを使うならこちらよりカクダイのほうが半額以上お安いです。

これは500円前後、カクダイの泡まつ内芯だけだと200円前後です。

まずはカクダイを試してダメだったら純正のTHB54を購入しようと思いました。

 

 

カクダイ 泡沫内芯 0792到着

泡まつキャップだけですのでパッケージはシンプルです。

 

 

こちらが元々の蛇口先端本体(金属)、破損した泡まつキャップ、ゴムパッキンです。

 

 

このようにプラスチック部分が破損しました(iДi)

ブルーのプラスチック部分は薄いので過度に圧を加えると割れます。

吐水口にはめこむときはご注意下さい。

(私はゴムパッキンを押し込むときに誤って割ってしまいました)

 

 

泡まつキャップを純正とカクダイと比較してみます。

 

 

 

直径は目視でほぼ・・・というか同じです。

高さに若干の違いがありますが青く飛び出ている部分はゴムパッキンで隠れます。

 

カクダイの実寸/直径:21mm、高さ11.5mm

 

 

泡まつキャップ パーツのはめ方

吐水口のお手入れ・外すとき、はめるときはこのようにやります。

念のために吐水口を外す・はめるときは洗面台にタオルなど敷いておいた方がいいです。

吐水口は金属なのでもしうっかり下に落とすと陶器の洗面台を傷つけるおそれがあります。

 

 

1、本体金属に泡まつキャップを入れる(ドーム型が上になるように入れる)

 

 

2、ゴムパッキンを泡まつキャップのすぐ上まではめ込んでいく(キャップの破損に注意)

 

 

3、蛇口に本体をはめる(はめるときは時計回り、外すときは反時計回り)

 

 

吐水口は元の部品を使っているのでピッタリです。

泡まつキャップもしっかりおさまっています。

あとは水を出してみて接続部分から水漏れがないか、

出てくる水の水はねがないかを確認します。

問題なければOKです( ¨̮ )

 

私は洗った後に泡まつキャップをはめ込むときにドーム部分に力を入れすぎて

パキっとプラスチックが破損してしまいました・・・。

この部分は華奢なので注意が必要です。

普通はスンナリ入ると思うのですが

数年間そのままで初めて分解したのでちょっと癒着して固くなっていたようです。

 

 

今回のことを振り返って

パーツが破損したときはほんと、

 

余計なことしなきゃ良かった・・・(iДi)

 

と思いました。

実際パーツを分解したらほとんど汚れもありませんでした。

蛇口先端に若干のカルキは付いていましたが、

泡まつキャップ自体は汚れていませんでした。

経年劣化で自然と破損することもあるのでいずれは分解は必要になると思いますが

別に今急いでお手入れする必要も無かったのです・・・。

 

余計なことをしてパーツを壊して型番から調べて買わないといけなかったのですから、

掃除しようなどと思わなかったらこの手間も余計な代金も(安いですけど)

掛からなかったんですよね・・・。

汎用品でこと足りたので結果オーライではありましたが。

でも今回のことで泡まつキャップのドーム部分は破損しやすいとわかったので

次からは気をつけます。

 

ちなみに今回はTOTO製品に使いましたが

レビューによるとトステム、パナソニックの吐水口にも使えたそうです。

吐水口もセットのものはねじ山が合わないこともありますが

泡まつキャップだけであれば口径と高さがほぼ一緒であれば大丈夫そうですね。

純正にこだわらず価格で選ぶ方にはおすすめです。

どっちにしても型番が古くなると交換部品自体が無くなって来るので

将来的にも汎用品が必要になってくるかも・・・。

 

 

TOTO洗面台TL486AF型 泡まつキャップ交換 まとめ

・TOTO洗面台TL486AF型の純正部品は「THB54」(取扱説明書にも記載あり)

・泡まつキャップは「カクダイ 泡沫内芯 0792」でも対応可能

・泡まつキャップのドーム部分は破損しやすいので過度な力を加えない

・泡まつキャップ、ゴムパッキンの順に吐水口にはめていく

・純正品以外は適合するかメーカーに問い合わせると失敗しない

 

お安ければもちろん純正品にしましたが1000円越えだと汎用品がないかな~と探しますね。

ただ水道部品は適合品を探すのが結構手間なので、

(例えば直径が合っていてもねじ山の高さが合わないなどがあるため)

それが大変でしたね。

お安く無事に済んで良かったです( ¨̮ )

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
パソコン・ネット関連備忘録