webゆうパックプリントの使い方と利用してみた感想をレビュー

オタマートでゆうパック発送があったため、

(メルカリやフリルでゆうパック利用する時は独自サービスがあるので伝票不要)

初めて手書き不要のwebゆうパックプリントのサービスを利用してみました。

利用の仕方と初めて使ってみた感想です。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

webゆうパックプリントとは

webゆうパックプリント

 

 

ゆうパック、ゆうパケット、郵便物等のラベルが自宅で印刷できるサービスです。

無料登録して(ゆうびんIDがある人はゆうびんIDで利用できます)利用できます。

普通紙A4に印刷ができるので別途ラベルを購入する必要がありません。

webゆうパックプリントに向いているのはこんな人!

・宛名の手書きが面倒くさい
・発送件数が多い
・住所等の記載ミスを防ぎたい
・プリンターがある

 

webゆうパックプリントを利用する前提として

 

・会員登録(無料/ゆうびんIDを持っていればそのまま使えます)
・パソコン、プリンターなど(ラベルを印刷するため)
・ラベルを入れる専用の封筒シール(無料で郵便局で貰えます)

 

以上は必要です。

コピペできるので記載ミスが無いのはとても便利です。

 

 

webゆうパックプリントのメリットとデメリット

便利なサービスではあるのですが若干デメリットもあるので記載します。

 

メリット

・手書きしなくていい

・字の上手い下手が関係ない

・コピペなので記載間違いがない

 

これが最大のメリットかと思います。

大してデメリットは以下です。

 

・事前に準備(ラベルを入れる封筒など)が必要
・プリンターが必要(無い場合はコンビニなど利用)
・印刷するので紙代、インク代などが掛かる
・対応しているのは郵便窓口だけなので発送先が限定される(コンビニや特約店は不可)

 

 

事前に機器があればかかるのもは紙代とインク代くらいで・・・厳密には電気代もかかりますが。

あとは窓口発送のみ対応なので近くに局がないと不便かも。

封筒シールやら会員登録は無料ですので、

その手間が無かったら間違いが無い、手書きが面倒くさくない

というのはかなり楽だし安心できると思います。

 

ラベルを入れる封筒などは直接窓口で貰うか、

管轄の局に電話で依頼して送付してもらうか(送料も無料です)です。

ちなみにこれがラベルを入れる封筒です。

ちょこちょこ頼むのは面倒ですから一度に20枚くらい依頼したと思います。

 

 

私は管轄の本局に電話をかけて依頼してまとめて送付して貰いました。

普通郵便で届くので数日かかります。

 

 

webゆうパックプリントの使い方と実際に使ってみた感想

私はゆうびんIDを元々持っていたので開始がスムーズでした。

(元々ゆうパックの集荷用にゆうびんIDに登録していた)

 

 

ゆうびんIDがあればそのまま使えますが、

ゆうびんIDを持っていない、webゆうパックプリントにも登録していない人は

「ゆうびんIDをお持ちでない方はこちら」から登録から始めて下さい。

無料で登録できます。

 

 

webゆうパックプリントでゆうパックのラベルを作成する

ゆうパックのラベルを作成なので

ゆうパックラベル→新しく作る をクリックします。

 

 

次のページで以下を埋めていきます。

・元払い、着払い、部数の選択
・お届け先情報の入力
・依頼主情報(ゆうびんIDがあれば既に入力済み)
・出荷情報(品名、配達希望日、時間指定など)
・差出情報(サイズなど)
・オプション(メール通知など)

 

特に難しい事は無いです。

必須項目以外は空欄でも大丈夫です。

ちょっと迷ったのが品名ですが番号を記載する欄もあって、

「?」と思いましたがここは商品名だけでも大丈夫です。

商品名をあやふやに書くと到着が遅れるので詳しく記載した方が良いです。

 

入力が終わったら内容を確認して間違いがなければ印刷します。

印刷時はA4サイズ・カラー(白黒不可)です。

これは必ず守って下さい。

またラベルは切り取り線がありますが切らずに窓口に提出します。

(窓口の担当がラベルを切ります)

荷物とラベル、封筒をセットで窓口に出しました。

窓口では特に迷うことも無く担当がスムーズに処理をしてくれました。

帰宅して追跡番号をチェックすると引受扱いになっていたので問題無かったようです。

ちなみにラベル印刷でも持ち込み割引は効きますし、集荷も依頼できます。

ただし、コンビニやその他の一般の店では扱えません。

 

作業に慣れてしまったらこっちの方が楽だし、

住所などの書き間違えが無い(コピペだから)ので確実だと思いました。

また送った記録がwebサイトから確認が取れるため

いざという時や何かで確認を取りたい時にも便利だと思います。

あと伝票がもう手元に無い!足りない!ということも無いですしね。

専用封筒は必要なのでこれは無くなる前に事前に確保しておく必要があります。

今回はゆうパックでしたが特定記録や普通郵便にも使えるので

もし機会があれば利用しようかなと思います。

 

 

webゆうパックプリントの利用の仕方と使ってみた感想 まとめ

 

一番最初に利用した時は若干とまどうこともありましたが

慣れてしまうと便利だし書き間違えがないので安心します。

封筒シールの事前準備や窓口じゃないと受け付けて貰えないとか、

カラー印刷しないといけないとか決まりはありますけどね。

利用数が多い人にはとても便利なサービスだと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
パソコン・ネット関連備忘録